印刷業界の今後って?

印刷業界というと皆さんはどういったイメージをお持ちでしょうか?

古くさい?
斜陽産業?
胆管癌?

ちょっとー、そりゃあ全く持って間違ったイメージですよっ!
って否定したい所ですが、実際の所間違っていないので何も言い返せません(笑)大学を卒業してからずっと印刷業界に勤めている私が言うんだからこれらは本当のことです。

多くの方が真っ先に思うであろうことは、
「パソコンやスマートフォンの普及によって紙なんて必要のない時代が来てるんじゃないの?」
「紙の需要がなくなることによって、もう印刷会社なんて必要なくなるんじゃないの?」
ってことではないでしょうか?

実際問題、印刷会社は年々減少していっています。
街の至る所にあんなにもあった印刷会社を見掛ける頻度も明らかに少なくなってきました。

でもこれから印刷業界に飛び込みたいと思っているあなたや、もう既に印刷業界に入っているあなたも希望を持って下さい!
そんな中で売上を伸ばしている印刷会社が多く存在するのもまた事実です。

今や簡易的なものであれば自宅にパソコンとセットでプリンターを置いている人はよくいますよね。何だったらコンビニやスーパーにも印刷機が置いてある時代ですから。
潰れる印刷会社というのはそうした印刷だけをしてきた会社です。誰でも手軽に印刷が出来るこんな世の中なので、そりゃあそうなってしまうよなぁって感じです。

潰れる印刷会社と売上を伸ばす印刷会社、その違いは考えずとも明らかです。
それは印刷に何らかの付加価値を付けられているかどうかの1点です。

売上を伸ばす印刷会社というのはただ印刷するのではなく、本の表紙や中身までデザインしてあげた上で印刷するだとか、電子書籍サービスを始めるだとか、印刷通販サイトを始めるだとか・・・ただ印刷する以外に+αのサービスをしています。

パソコンやスマートフォンの普及によって世の中から印刷物が少なくなったのは事実ですが、それを忌み嫌って目を背けているようではその印刷会社には残念ながら未来なんてありません。
パソコンやスマートフォンを逆に利用して、印刷を根元にした新しいサービスに挑戦した上で成功している印刷会社が生き残り、売上を伸ばしていく時代だとひしひしと肌で感じる印刷業界人のさっちゃんなのでした。

あなたが入ろうとしている印刷会社、
またはあなたが所属している印刷会社は大丈夫ですか?