ゲラって?

私の中で印刷業界に入って最も衝撃的だった言葉だといっても過言ではありません。
初めて聞いた時はこの人は一体何を言っているんだろうってジト目で見てしまった程です。

じゃあ気になる答えです。ゲラとはゲラ刷りの略称で、端的に言えば試し刷りのことです。
通常印刷物を作成するにあたって、ワードやpdf、メールで原稿をもらうことがほとんどです。ほとんどというよりかは、現在では9割5分がそういったデジタル的なもので原稿は作成されています。印刷業界って意外とIT化の影響をもろに受けています。
その原稿をもとに印刷物を作成するのですが、完成したデータを試しに印刷してみることをゲラって言います。

なんでわざわざ試し刷りなんてするの?って疑問の声も聞こえてきそうですね。
それはお客さんが頭の中で思い描いていたイメージと完成した印刷物が異なっているかも知れないからです。特に色はパソコンのモニターで見るのと印刷物とでは違います。パソコンのモニターはRGBなのに対して、印刷物はCMYKだからです。
だから、ゲラを見せて、最終確認をしてもらうってわけです。確認してもらってイメージと違えば作り直します。その為のゲラなんです。