冊子って?

冊子とは何かというと、糸や糊を使って印刷物(=紙)をまとめたものの総称のことです。要するに書物や本といった一般的に使われる言葉と同じ意味です。
その冊子には大きく分類して無線綴じ、中綴じ、平綴じの3種類があります。

■無線綴じ

無線綴じとは糊を使って印刷物をまとめたもののことをいいます。主に漫画が無線綴じに該当します。
側面を見た時にホチキスや糸といった固定するものが見つからなければ無線綴じだといえます。

無線綴じを個人で作成することは難しいかと思います。糊でまとめたものといっても、業務用の特別で強力なのりですし、ムラなく塗ることは至難の業です。

■中綴じ

中綴じとはホチキスで印刷物をまとめたもののことをいいます。主に雑誌が中綴じに該当します。週刊Fridayや旅行雑誌のじゃらん等ですね。
側面を見た時にホチキスでとめていれば中綴じだといえます。

ホチキスは比較的どの家庭にもあるものですので、中綴じは個人でも充分作成することが可能です。
ただ家庭用のホチキスと業務用のホチキスは違いますので、厳密には同じものを作成出来る訳ではありません。
また、家庭用のホチキスでは印刷物の枚数が多過ぎる場合は、上手く挟めず留められないなんてことも起こり得ますので、注意が必要です。

冊子の中でも一番簡易な作りをしているので、料金も他と比べて割安です。

■平綴じ

平綴じとは糊とホチキスで印刷物をまとめたもののことをいいます。上に登場した無線綴じと中綴じを組み合わせたものと考えてもらっていいでしょう。
ホチキスで印刷物をまとめたのに加えて、更に背表紙を巻きつけて糊で固定する手法を平綴じといいます。主に教科書が平綴じに該当します。

ご想像の通り、無線綴じと中綴じよりも料金は割高になります。無線綴じの工程と中綴じの工程の両方を行っているので当然ですよね。
ただし、手間がかかることもあって、高級感を醸し出す為には効果的です。